バックレると後が大変?退職代行を使うと問題無く次に進める理由4つ

  • 会社に行くのがつらい、もう辞めたいけれど、会社は取り合ってくれない
  • もう辞めるなら自分には関係無いからバックレて辞めてしまおうかな?
  • バックレたら何か問題があるかな?

こんなお悩みを解決するとともにバックレることによる問題点を解説します。

バックレるか退職代行に任せるかで迷っているなら、間違いなく退職代行へ依頼しましょう。

その理由を解説していきます。

バックレることで起こる問題

仕事をバックレることで起こる問題は様々あります。
代表的なのが、離職票の作成をしてもらえないということがあります。

バックレで起こる問題
  • 離職票を作成してもらえない
  • 源泉徴収票を作成してもらえない
  • 健康保険証の切り替えが出来ない
  • 最終的には、会社と連絡を取り合う必要が出てくる

バックレで起こる問題は退職代行を使うことで解決できます。

その理由は次から詳しく解説していきます。

退職代行を使うことで解決出来る問題4つ

バックレることで、問題になったことでも、退職代行へ依頼をすることで解決出来るものが多いです。
理由は、退職の意向を伝えることが重要だからです。

退職の意向が無いと会社側は退職手続きを取ることが出来ません。
ですので、バックレることは基本的に危険です。

バックレることで起こる問題が退職代行で解決出来、問題なく次へ進める理由を一つずつ解説していきます。

1.離職票を作成してもらえない

会社は、退職者があったときに、退職の手続きをします。同時に離職票の作成手続きもします。
ですので、退職かどうか分からない場合、手続きは出来ないのです。

退職代行を使うことで、当然退職の意志表示を出来るわけですから、離職票の作成は出来ます。
もし発行してもらえないようだったら、会社側に問題(違法)があるので、お近くのハローワークへ相談してみましょう。

※会社によっては、離職票の作成を依頼されないと作成しないところもあるようです。退職代行業者に退職と同時に離職票の作成も合わせて依頼しておくと安心です。

2.源泉徴収票を作成してもらえない

離職票作成を同様に、退職手続きの一貫で、源泉徴収票の作成も依頼する必要があります。

退職代行業者へ退職と同時に源泉徴収票の作成もお願いしておきましょう。

3.健康保険証の切り替えが出来ない

国民健康保険へは、退職を証明する書類が無いと、切り替えが出来ません。
離職票があれば、切り替え発行が可能ですが、退職の証明(会社独自のもの)が出来る書類が必要となります。

もちろん、退職の意向が伝わらなければ発行はしてもらえません。

4.最終的には会社と連絡を取り合う必要が出てくる

これまで、バックレたときの問題について解説してきましたが、どれも退職の意向が会社に伝わらないと手続きをとってもらえないというものでした。

退職の意向を伝えないといつまでたっても離職票も源泉徴収票も保険証も切り替えが出来ません。

最終的には、ご自分で会社に連絡を取らなければ解消されない問題になりますので、そうなる前に退職代行業者に依頼をしておきましょう。

退職代行の体験談を語ります。【感想:意外とさっぱりしてる】

【理想は自分で】バックレるなら退職代行を使えば、問題事は無くなる

最後にまとめます。

理想は、自分で退職を伝えるのが理想です。(もちろんですが、)
ですが、いろいろな事情があるかと思いますので、最悪でも退職代行を使うべきです。

退職代行を使うことで、離職票健康保険証が作成してもらえます。
失業保険をもらうのも、病院にかかるのも、お金に関する重要なことですので、問題無く手続きを進めたいですね。

今回は以上となります。

\残業代・有給消化も請求できる/

【口コミ・評判で比較】退職代行にはガーディアンがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です