会社への裏切り行為?退職代行が嫌われるワケを解説

退職代行はお世話になった会社への裏切りになるのかな?

こんなお悩みにお答えします。

退職代行って会社からは嫌われていますよね。自分のことを他人に投げて退職なんて、、ということをよく聞きます。

でも、そうでもしないと会社を辞められないのなら使うしかないんです。それは会社側が悪いことなので、遠慮することは無いのです。

そもそも、退職するのは従業員の自由ですからね。

この記事を読めば退職代行は会社への裏切り行為だと思わずに利用することが出来ますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

退職代行は会社への裏切りでは無い

おそらく裏切りだと感じている人は退職代行にこんなイメージを抱いているのでは無いでしょうか?

退職代行 負のイメージ
  • 自分のことを他人に丸投げ
  • 仕事を放り投げる

雇ってくれた会社に恩を仇で返すようなイメージですね。

正直退職代行に依頼する人はこういった負の間違ったイメージで依頼することが多いのです。

まずはこういったイメージは間違っているということをお伝えします。

仕事を放り投げることは出来ない!?

よく「即辞めOK」なんて謳っている退職代行業者がありますけど基本的には出来ません。

民放627条にて「14日前に告知をすれば退職できる」とあるので、会社側が法律通りと言ってしまえば従うしかないんです。

退職代行の即辞めOKは嘘?

退職代行では、会社側に「翌日から出社出来ない」旨を伝えます。

健康上の理由が多いと思いますが、会社側も体調不良と言われると反論しづらいというワケです。

退職代行が嫌われるワケは風評被害?

もとを返せば退職代行の仕事はシンプルで、「退職を自分で伝えられない人の代わりに退職を伝えること」です。

そもそもそれ以上を求めることが間違っているのです。

退職代行の負のイメージから退職代行=悪いものという印象が出来上がってしまったものだと考えられます。

風評被害が全てと言いたいところですが、退職代行自体にも問題はあり即日退職や法律で認められていない行為(非弁行為)を行ってしまっていることも嫌われる原因です。

退職代行選びの注意点は1つだけ!交渉が出来るかどうかは必ずチェック

会社への裏切りだと考えるなら間違ったイメージを捨てること

裏切りだと思う人は、退職代行の負のイメージが頭にある場合が多いです。

退職代行 負のイメージ
  • 自分のことを他人に丸投げ
  • 仕事を放り投げる

この負のイメージを払拭するために、会社の要求にはなるべく協力するようにしましょう。

もちろん退職代行では基本的には自分で退職届を書き、退職の意向を伝える必要があります。

退職代行が従業員と会社の間に入ろうが、当事者同士の関係は崩れることはないので、退職代行に全て任せると言うワケでは無く、出来ることは協力して退職に向かうことが大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。