【断言しよう】退職代行を使っても基本的に即辞めは出来ないから諦めろ【即辞めしやすくする方法も解説】

退職代行を使えば即辞め出来るって聞いたけど本当?

こんなお悩みにお答えします。

正直言ってしまうと即辞めは出来ないと思って良いです。

ただし即辞め出来るorしやすくなる条件もあるので、ぜひ最後までお付き合いください。

退職代行でも即辞めは約束出来ない!

よく「即辞めOK」なんて謳っている退職代行業者がありますけど基本的には出来ません。

民放627条にて「14日前に告知をすれば退職できる」とあるので、会社側が法律通りと言ってしまえば従うしかないんです。

退職代行の即辞めOKは嘘?

退職代行では、会社側に「翌日から出社出来ない」旨を伝えます。

健康上の理由が多いと思いますが、会社側も体調不良と言われると反論しづらいというワケです。

即辞め出来る条件は1つ!会社側の承諾があること

即辞め出来る条件は1つだけで、会社側がOKを出すことです。

会社と従業員の雇用契約なので、両者の合意があれば即日退職することが出来ます。

たとえば、急病の場合次の日から出社出来なくなるわけですからそのまま療養で退職なんてこともありますよね。

即辞めしやすくするには、有給や引き継ぎの有無を確認しておこう

即辞めは基本的に出来ないですが、出来るだけ早く会社に行かないようにしたい!という方は多いと思います。

ここでは、即辞めしやすくする方法をお伝えします。

即辞めしやすくする条件
  1. 有給
  2. 引き継ぎ

主にこの2つです。

有給は入社後6ヶ月で10日付与されます(正社員の場合)ので、半年経過して辞める場合は必ず消化して辞めるようにしましょう。

有給があることで、民法で定められた14日後の退職日までの間に使用することも出来ます。

引き継ぎは無い場合でしたら、そのまますぐに辞めることも出来ます。

ですが、すぐに辞められないのは大抵引き継ぎの問題になります。会社側が引き継ぎをしてもらわないと困るということで、即辞めが出来ないということになります。

そこで、マニュアルの作成を日頃からしておくことをおすすめします。マニュアルがあれば、「まとめてあるものをみてください」と言えば会社側も納得することがあるのでおすすめです。

マニュアル作成についてはこちらにも記事がありますので合わせてお読みください

退職代行でも引き継ぎは必要?即辞めする方法は?【マニュアルを作成しよう】

会社と友好的な関係を作っておくことが大切

日頃から会社側と友好な関係を築いておくことが大事です。

会社側も従業員が突然辞めるとなると、業務に支障を来す場合があるので最大限歩みよることをおすすめします。

ですが、ブラック企業の方は話は別です。こちらから歩みよると弱みにつけこんでくる場合もあるので注意が必要です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ブラック企業の場合、退職代行を安易に使うのは危険なので、以下の記事も参考にしてみてください。

ブラック企業に退職代行を使うのは危険!注意しなければ行けないポイントを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です