退職代行は会社への裏切り行為?そう思われる理由とそうではない理由

退職代行はお世話になった会社への裏切りになるのかな?

こんなお悩みにお答えします。

退職代行はよく会社から嫌われると聞きますよね。

確かに、急に知らない人から電話が来て◯◯さんは退職しますって言われても困るのが普通です。またそうではなくても、自分のことを他人に投げて退職なんて、、と思うのも仕方ないかもしれません。

でも、そうでもしないと会社を辞められないのなら使うしかないですよね。

それは会社側が悪いことなので、遠慮することは無いです。

そもそも、退職するのは従業員の自由ですからね。

この記事の内容
  • 退職代行は裏切り行為?
  • 会社側から見た退職代行
  • 従業員側から見た退職代行

退職代行は、裏切り行為?そんな話も聞きますが、人それぞれ違いがあるので一概には言えません。

退職代行を利用しようと考えているあなたは裏切り行為になってしまうのかどうかを参考にしてみて下さいね。

退職代行は会社への裏切りではありません

裏切りだと感じている人は退職代行に対して、「自分のことを他人に丸投げする」「仕事を放り投げる」こんなことを思っているのでは無いでしょうか?

一方で、会社側は「せっかく雇ってやったのに」なんてこんなことを思いますよね。

でも、雇う側も雇われる側も本来対等な立場なんです。

なので、上司の机の上に退職願をバンッと叩きつけて、

私はもう辞めます!

これでも良いわけなんですよね。(机に叩きつける必要は無いんですけど)

正直退職代行に依頼する人はこういった負の間違ったイメージで依頼することが多いのです。

まずはこういったイメージは間違っているということを認識してほしいと思います。

仕事を放り投げることは出来ない!?

よく「即辞めOK」なんて謳っている退職代行業者がありますけど基本的には出来ません。

民法627条にて「14日前に告知をすれば退職できる」とあるので、会社側が法律通りと言ってしまえば従うしかないんです。

退職代行の即辞めOKは嘘?

退職代行では、会社側に「翌日から出社出来ない」旨を伝えます。

健康上の理由が多いと思いますが、会社側も体調不良と言われると反論出来ません。

「退職代行は裏切り行為」そんな時代はもう終わり

退職代行は裏切り行為なんて時代はもう昔の話。

退職代行がまだ知られていないころは、確かにそんな認識でありましたが、「ブラック企業」や「過労死」なんて言葉が出て「働き方改革」なんて言われるころには、もう退職代行を裏切りだとか無責任だとか言う人は、なんだか昔の人だなぁなんて言われるくらいになりました。

会社と従業員の主従関係は対等であるはずなので、裏切りもなにも無いわけです。

バックれるということは確かに無責任なのかもしれませんが、しっかりと会社に退職をする意思を示して行動しているということは決して無責任とは言えませんよね。

退職代行は会社への裏切りだという理由とそうではない理由

退職代行にもすべて良いイメージがあるわけでは無いのはわかっていると思います。

どんな部分が裏切り行為と取られるのか、裏切りでは無いと言える理由はどんなところにあるのかを確認出来れば、安心して退職代行を利用できると思います。

まず、裏切りだと思う人は、退職代行のマイナスイメージが頭にある場合が多いですね。

退職代行 マイナスイメージ
  • 自分のことを他人に丸投げ
  • 仕事を放り投げる
退職代行 プラスイメージ
  • バックれることも出来るが、キチンとけじめをつける
  • 会社に出来るだけ迷惑を掛けない、引き継ぎもする

実はプラスイメージもマイナスイメージも全く同じことを言っています。

会社側からすれば裏切りだし、従業員側からすれば裏切りでは無いということになります。

裏切り行為と思われない退職代行選びを

会社側に裏切りでは無いことがわかる人がいれば、話は早く退職はスムーズに進むのですが、退職代行の利用を検討している場合にはそうでは無いと思います。

もちろん退職代行では基本的には自分で退職届を書き、退職の意向を伝える必要がありますが、会社が理解を示さないことも考えて動く必要があります。

退職代行には対応出来ること出来ないこと様々なものがあります。

選び際には慎重に自分に合った退職代行を探してみて下さい。

退職代行を使うのはお金がもったいない?金額が安い退職代行3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。