退職代行はヤクザじみたブラック企業からも逃げられる?【退職代行そのものがヤクザの可能性もある?】

ブラック企業から抜け出したいけど、脅されて辞められない。

退職代行がヤクザって聞いたけど利用して大丈夫?

こんなお悩みを解決する記事を用意しました。

噂に過ぎないと思われがちですが、案外そうではありません。ブラック企業は身近にあるもんですよね。

そんな困った時に参考にしていただける記事を用意しましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

退職代行はヤクザじみた会社からも抜け出せる?

答えは半々

退職代行業者に出来ることをしっかりと見極めて利用するか判断しましょう。

ブラック企業に退職代行を使うのは危険!注意しなければ行けないポイントを解説

一般の退職代行では、基本的に本人が動かなくてはならず退職代行は会社に働きかけることしか出来ないので、注意が必要です。

一方で、弁護士が行う退職代行は本人の代理として退職手続きを行うことが出来るので、安心して利用できます。

退職代行そのものがヤクザの可能性もある?

一般的な退職代行の場合、業者そのものがヤクザの可能性も考えられます。実際に被害にあわれているいる方もいるようです。

なので、弁護士の退職代行を利用するのが望ましいですよね。

揉める可能性があるのなら退職代行は弁護士に依頼するのが望ましい

会社と揉めるのが先にわかっているのであれば、弁護士の退職代行を利用するのが良いです。

一般の退職代行業者では、出来ることと出来ないことがあるので結局自分でなんとかしなければ行けないなんてことになりかねないのです。

一方で、弁護士は代理人として退職の手続きをすることが出来るので、自分は会社との連絡を避け退職を進めることが出来るのです。

当然、引き継ぎや備品の返却等の必要なことは出てきますが、弁護士を通して出来ることは全て任せることが出来るので安心です。

退職代行がヤクザの場合はある?

一般の退職代行業者であれば、可能性はゼロとは言い切れません。

よく、『一般退職代行で退職に失敗して返金もされなかった』なんて話を聞きますが、その際には他の退職代行(この場合は弁護士が多い)を利用し直すといった形で、退職をされるようですが、もちろん2回分の費用が掛かってしまうワケなんで、勿体無いですよね。

やはり信頼して任せられるのは弁護士なのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。