【初心者でも大丈夫】事務職が気をつけるべき言動5選

  • 事務職って何するんだろう?
  • 初めて事務職に就くのに、気を付けることは?

こんなお悩みを解消する記事を用意しました。

みなさんこんにちは、お仕事されている方お疲れ様です。

僕が初めて事務職に就いたときは、25歳でした。

やはり25歳の若造ということで、かなりやられました。

だいぶ反抗もしましたが、結果的にまじめに仕事をする(誠実さを見せる)ことで、信頼してもらえました。

(たしかに、僕はなんにも知らないで事務職入ったので、言われても当然なこともたくさんあったような)

ですが、初めて事務職で働く人はほとんど必ず経験するんじゃないかと思います。

当然嫌な気持ちになるし、できれば味わいたくないですよね?

そこで、僕が経験した中から対策が出来るぞっていうものを5つピックアップしましたので、

ぜひ参考にしてみてください。

① 言葉使い

1つ目は、言葉使い

「やばい」とか「まじで?」とかは論外ですが、年配の人は敬語の使い方にうるさい人が一定数いますから注意が必要ですね。

厳密な使い方を学ぶ必要はありませんが、最低限の基本的な言葉なんかは覚えておいたほうが良いと思いますよ。

注意した方が良い言葉
  • 「御社」「弊社」の違い
  • 「帰社」「退社」の違い
  • 「様」「御中」の違い

② ハキハキ話す

2つ目は「ハキハキ話す」

僕は最初の頃は本当に何もわからなかったので、かなりゴニョゴニョと話していました。
当時を思い出すと、自信が無かったからですね。
話している相手もどういった人かわからなかったし、かなりビビってました。

なんか言うことすべてが間違っているような気がしてまともに話せなかったのです。

すると必ずと言っていい程、「は?何いってんの?はっきりしゃべれよ!」と怒られます。

お気をつけください。笑

③ 気を使った一言(上っ面で良い)

3つ目は、「気遣いの出来る一言」 心なんてこもっていなくて良いんです。

これは気をつけるというか、やったほうが良いという内容ですが、場面によっては、嫌味を言われます。

不器用ながらも気遣いの一言が言えると、年配の方にはかなり印象が良いです。

積極的に言っていきましょう!

気遣いの一言
  • いってらっしゃい
  • お先に失礼します(退社時)
  • (咳をしている人に)体調大丈夫ですか?
  • (忙しそうな人に)何か手伝えることはありますか?

④ ミスの対応

4つ目は「ミスの対応」です。

これはかなりシビアです。はじめの信用のない間はあまりミスが多いと嫌がられます。

(むしろはじめの仕事に慣れない間の方がミスは起きやすいんですが、)

対応の仕方によってだいぶイメージがついてくるので気をつけましょう。

ミス発覚
ミスを謝罪・上司に報告

まずは、発生を謝罪&状況把握です。

一人で対応しようとせず、助けをもらう

一人で対応すると、ミスがより大きくなることもあります。

助けてもらった人にお礼を言う

次は同じミスをしないようにします!と伝えましょう。

次はしっかりと出来ること!

ミスの修正能力があると評価されます。

ミスへの対応ポイント
  • 謝罪のときにも、出来るだけ感情を込めるようにしましょう。
  • 相手の希望を聞くことも大事です。出来ることはなるべく対応しましょう。

上記のポイントを守るだけでもかなり印象が変わりますよ。

⑤ 愛想笑い

5つ目は「愛想笑い」です。

ぶすっとしている人はいつまでも話の輪に入れてもらえません。

人の話に相槌や愛想笑いが出来る人は自然と仲良くしてもらえるようになります。

コミュ障の人にとってはだいぶ大変ですが、どんな人でも印象は大切なので最初だけでも頑張りましょう

まとめ:自分を知ってもらうためのコミュニケーションを取ろう!

気をつける言動ポイント5選としてピックアップしましたが、見ず知らず同士なので最初からうまくやることは難しいです。

5選全てに共通するポイントはコミュニケーションを取ること

コミュニケーションをうまくとれば、嫌味を言われることもなくなります。

きっと長く勤めたくなる居心地の良い職場になることでしょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回は以上です。ありがとうございました。

【体験談】事務職はきつい。なんとなくで就職したら後悔する話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です