【担当者が教える】ボーナスを多く貰うたった1つの方法【企業年金】

みなさんこんにちは、

今回は、給与・賞与計算担当者の僕がボーナスを少しでも多くもらうたった1つの方法をお教えします。

しかも、誰でも簡単に出来ます。

たった1つの方法、企業年金を使え!

結論:企業年金に加入しましょう。

え?それだけだって?

そうです。それだけ、誰でも出来ます。

企業年金には、給与の20%という上限があり、掛け金を自分で設定することが出来ます。

上限いっぱいまで掛けましょう。

企業年金でボーナス受取額が増える理由

掛けろって言われても怪しいですね。

企業年金でボーナス受取額が増える理由、それは

社会保険料(税金)を減らすことで、手取り額が増えるから、です。

下の表は、企業年金に加入している場合とそうではない場合です。

総支給から企業年金掛け金が引かれ、その金額をもとに社会保険料が決まるので、企業年金を掛けることで社会保険料が減ります。

ですが、ボーナスからは企業年金掛け金は引かれないため、手取り額が増えるのです。

どうでしょう?なんとなく分かりましたか?

企業年金メリット・デメリット

ただ減税されて、得するだけというわけではありません。

メリット・デメリットを天秤に掛け加入するか検討してください。

メリット【減税・貯金・配当金・高利子】

メリットはかなりたくさんあります。

正直、デメリットが比にならないくらいなので、よくわからないなら加入しとけ!って感じです。

企業年金は運用益というのがあります。

利益が出れば、その分を配当金として定期的に受け取ることが出来ます。

だいたい、給与に組み込まれて支払いになります。

また、銀行に貯金するより、企業年金として貯金する方が利子も高いので、毎月わざわざ銀行に入金している人は今すぐ切り替えましょう。

デメリット【毎月の手取りが減る】

デメリットは毎月の手取りが減ります。

これ、痛い人にとってはかなり痛いですよね。

毎月カツカツで生活している人にとってはかなりのデメリット。

ただ、千円からでも掛けられる企業年金もあるので、少しの金額でも掛けておくと節税になりますよ。

まとめ:企業年金を使って、無駄な税金を減らそう

いかがでしたでしょうか?

企業年金を使えば、社会保険料が減り、無駄な税金を支払わなくて済みます。

こいつの言ってることはよくわかんないな!という方でも大丈夫です。

この上なくメリットがすごいので、理解出来なかった人はとりあえず加入しましょう。

知っているか知らないかで、未来の資産は変わるものです。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です