【インフルエンザにもコロナにも適用】傷病手当金を簡単簡潔に解説!

みなさんこんにちは。

今回は、「傷病手当金」について簡単簡潔に解説します!

  • 怪我をして働けない時
  • 病気をして寝込んだ時
  • 入院になった時

これら怪我や病気が原因で働けない時にお金がもらえる制度となっています。

傷病手当金って何?

傷病手当金とは、健康保険加入者が病気や怪我を理由に仕事を休み、給与の支払いを受ける事が出来ない場合に支給される給付金のこと

もっと簡単に言うと、病気や怪我で給料を受け取れないなら、健康保険からお金を出しますよ〜。という事です。

給付の条件4つ

給付の条件は4つあります。

全て満たしている必要がありますので注意しましょう。

  1. 業務外の理由の病気や怪我のために療養中であること
  2. 労務不能であること
  3. 連続で3日以上、仕事を休んでいること
  4. 給与の支払いが無いこと

1.業務外の理由の病気や怪我のために療養中であること

入院だけでなく自宅で療養する場合も含まれます。

業務内の怪我、病気の場合は「労災」の扱いになり、労災保険から給付金が受け取れます。

2.労務不能であること

仕事が出来ないという状態を指します。

病院の診断書を提出することで確認されます。

3.連続で3日以上、仕事を休んでいること

休みが3日以上続くことが条件になります。(有給休暇を含む)

休みの4日目から給付金の支給対象となります。

4.給与の支払いが無いこと

給与の支払いが無いということが条件になります。

金額が少ない場合であれば、差額が支給されるという例外もあります。

給付金の金額は給料の約2/3

厳密には、標準報酬月額を30日で割った額の2/3の金額が1日分として支給されます。

標準報酬月額は、自分の給料と若干変わりますが、だいたい同じと思っていただいて良いです。

1ヶ月まるまる休んだという方は1ヶ月分の2/3くらいの金額となります。

給付金の支給期間は最長1年6ヶ月

期間は最長で1年6ヶ月となります。

2〜3ヶ月に1回は通院になると思いますので、その都度診断書が出ますのでなかなか最長で支給を受けるのは難しいのかもしれません。

傷病手当金はインフルエンザにもコロナにも適用される

インフルエンザに掛かった場合にも新型コロナウイルスに掛かった場合にも傷病手当金は支給されます。

1週間は自宅待機となる会社も多いことでしょう。そんな時にも申請可能となっていますので、もしもの場合は必ず申請するようにしましょう。

まとめ:3日以上休んだ時には傷病手当金対象か確認しよう

怪我や病気で3日以上休んだときには傷病手当金の給付対象となるか必ず確認しましょう。

特に、インフルエンザは見落としがちで申請されない方も多いので、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です