【選び方を】退職代行のメリット・デメリット【サービス別に解説】

会社を辞められない時には退職代行を利用しましょう

  • 会社を辞められない人
  • 退職代行の悪い噂を聞いて利用を悩んでいる人
  • どの退職代行を使えば良いのか悩んでいる人

こんなお悩みを解決する記事を用意しました。

退職代行業者は一般法人・弁護士・労働組合と3つ

結論としては退職代行をお願いするなら労働組合がおすすめ!

なぜなら、会社側の交渉も可能だし、費用も安く済むから

しかし、それぞれに特徴があるので、次で特徴を説明します。

一般法人(株式会社・合同会社・弁護士監修など)

これは基礎知識ですが、退職時には会社側から条件を出される場合があります。
(給料UPや配置転換など)

会社との交渉は弁護士法72条で定められているので、一般法人では出来ないのです。

ですので、一般法人は一方的に退職を告げることしか出来ません。

ニコイチEXITが有名です。

最近では、退職代行に対する対策を行っている会社もあるようです。
会社側から条件を出された場合に答える(交渉する)ことが出来ないので、そこを突かれるとトラブルに発展しやすいようです。

メリット:簡単に依頼可能・低価格

デメリット:違法性が高くトラブルが発生しやすい

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

退職出来ない原因別に解説

退職には自分が言い出せない場合と会社が退職を認めてくれない場合があります。

それぞれでおすすめの退職代行業者は変わりますので、見ていきましょう。

会社に原因がある場合

会社に辞めたい言っても人がいないから待ってくれと言って聞き入れてもらえない!

会社側に退職の意向を伝えているのに辞めさせてもらえない場合は、無理に退職代行を使うとトラブルになる可能性が大きいです。

  • トラブルになる可能性が高い
  • 会社側との交渉になる可能性がある

ですので、労働組合の退職代行を使うのがおすすめです。

自分に原因がある場合

なかなか退職したいって言いづらくて、代わりに言ってほしいだけなんだけれど、

一方で、なかなか退職を言い出しずらい人もいますよね。

  • トラブルになる可能性は低い
  • 会社側との交渉の可能性は低い

その場合は、低価格でサービス重視の一般法人の退職代行をおすすめします。

まとめ:自分の状況をよく考えて、退職代行業者を選ぼう

最近ではよく、退職代行業者のトラブルが発生しています。

退職時のトラブルを解決したくて依頼をしているのに、そこでまたトラブルになってしまっては、元も子もありません。

自分の状況をよく考え、適切な退職代行業者を選んでみてください。

今回は以上となります。ありがとうございました。

\退職後はフルリモートの仕事はどうですか/

【ReWorks:転職】フルリモートワークって何?今注目の新しい働き方を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です