【どんな時に失敗するの?】退職代行の選び方を解説【目的を明確にしよう】

退職代行を利用したいけれど失敗したら嫌だな、どんな時に失敗すんだろう?

こんなお悩みにお答えする記事を用意しました。

退職代行業者はプロだから、どこ選んでも失敗はしないでしょ。

そう考えている方はかなり危ないです。

この記事を最後まで読んで頂ければ、失敗しない退職をすることが出来ますよ。

退職代行の失敗って何?

退職代行の失敗とは?
退職できないこと

これが答えです。でも、ちょっと待ってください。
退職できなかったらどうしますか?出社しなくてはいけないんですよ?

今まで通り働く+退職代行使って辞めれなかった人になります。

とてもじゃないですが、笑えないですよね。

何が言いたいのかというと、退職代行を使うのであれば、間違いなくそこで辞めなくてはいけないんです。

退職できなかったら全額返金保証と謳っている業者がありますが、辞められずに困って依頼している人にとっては、失敗は許されません。ありえないと思いますよ。

だから退職業者選びは慎重に行って下さい。

どんな時に失敗するの?

では、どんな時に失敗するのでしょうか?

  • 違法行為を行っている(団体交渉権無し・非弁行為)
  • 退職業者と連絡がつかなくなる

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

違法行為を行っている(団体交渉権無し・非弁行為)

退職業者には、「一般法人」「労働組合」「弁護士」と3種類ありますが、この内の「一般法人」のことです。

労働組合には、団体交渉権というものが、弁護士には、すべての法律に関する交渉が許されるというものがあります。

しかし、一般法人には、団体交渉権も無いですし、法律を扱うことも許されていません。つまり交渉をしてしますと、非弁行為となり違法なのです。

退職業者と連絡がつかなくなる

退職業者のサービスとして、退職の意向を伝達するだけというところがあります。

あまりに費用が安いところで無ければ大丈夫だと思いますが、気を付けるべきでしょう。

もちろん伝達するだけというサービスは、交渉が出来ない一般法人に多いです。

依頼する時にはしっかりと相談確認の上、依頼して下さい。

退職代行の選び方・注意した方が良い業者

退職代行の選び方には、まず自分がどんなものを要求しているのか確認しておくと良いです。

退職代行共通サービス
  • 会社に退職の意向を伝達(電話)
  • 会社に離職票、源泉徴収票等を本人に送るように依頼
注意!退職代行非共通サービス
  • 残業代の請求
  • 有給休暇の使用依頼
  • 慰謝料の請求
  • 社宅退去仲介

退職代行の選び方

上記のうち、一般法人が出来るのは共通サービスの2つのみ。
要は、電話で伝えることのみになります。少しでも会社側が条件を付けようものなら、手出しが出来ないわけです。

退職代行に依頼をする時には、自分の状況と受けたいサービスを確認しておきましょう。

会社との関係(良好):退職の意向のみを伝えたい

一般法人に依頼して問題無いです。但し、交渉になると、自らが出て行く必要がある可能性もあります。

会社との関係(良好):退職の意向+残業代請求

労働組合もしくは弁護士に依頼すると良いです。労働組合でもサービスとして、会社との交渉はしない業者もあるので注意です。

会社との関係(悪):退職の意向+残業代請求+慰謝料

弁護士がおすすめです。少し依頼金額は高くなりますが、残業代+慰謝料でカバーできる可能性があります。

\労働組合に依頼するなら/

【口コミ・評判で比較】退職代行にはガーディアンがおすすめ!

注意した方が良い業者は一般法人

労働組合や弁護士は、法律で認められているので、安心して任せることが出来ますが、注意が必要なのは、一般法人

会社側が退職業者対策を打っていることも増えてきているので、失敗する確率も上がってきていますが、一般法人の場合、退職の意向を伝達する事が目的なので、そこで完了とされてしまう可能性があります。

もちろん、労働組合であろうと弁護士であろうと詐欺を働く場合もあるので、そのへんにはご注意を。

まとめ

退職代行は自分の状況と目的を明確にして選ぶと失敗がないです。

おすすめは「労働組合」です。団体交渉権で会社との交渉も出来るため、業者のサービスにもよりますが、残業代や有給の申請も依頼出来ます。

依頼前に、相談出来る退職業者が多いので、まずは気軽に相談をしてみることをおすすめします。

それでは、今回は以上となります。

\コチラの記事もどうでしょうか/

残業代を請求できる退職代行はどこ?おすすめ2選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です