ほとんどの人が勘違いしている退職代行の選び方を5つのポイントで解説

退職代行の選び方はその後の人生を左右する程に大事なことです。

  • 退職代行で失敗。費用は掛かるが退職出来ない
  • 退職出来ない。その上、職場での扱いが悪くなる
  • 職場での扱いが悪くなる。その上、減給される

起きたことをまとめると、「お金を払い職場環境をさらに悪くし、給料が減った」ということです。 はっきり言ってしまうと、生きる希望すら失う可能性があるわけです。 そのくらい退職代行を依頼するというのは大事なことです。

この記事では、ほとんどの人が勘違いしている退職代行の選び方を解説します。 さらに失敗から逆算しあなたがどの退職代行に依頼すべきなのかが分かりますので、ぜひ最後まで御覧くださいね。

退職代行ってどんなサービス?

退職代行とはその名の通り自分の代わりに退職を代行してくれることを指します!

退職代行とは本人に代わり退職を代行することを指します。

ですが、初めての人にはコレって退職代行なの?と疑問に思う点が何点かあるので解説していきます。

1.退職伝達

退職代行といっても様々なサービスがあります。その1つが退職伝達です。

ひとくくりに退職代行と言いますが、実際には「本人の代わりに退職をする」ことは出来ないのです。

退職を伝達することによって退職が成立するので退職代行として知られています。

個人的には、退職伝達は退職代行とは言えないですね。

どうして伝達をすることしか出来ないのかというと、「本人に代わって交渉」という部分に法律によって制限があるからです。

つまり違法行為になってしまうのです。

このことを知らずなのか知ってなのか交渉を行ってしまっている退職代行も見受けられますので注意が必要です。

2.退職代理

退職代理は本人に代わって退職の手続きを会社へ依頼することが出来ます。

会社への交渉も出来るので、もし問題が起こったとしても安心して任せることが出来ます。

法律で本人に代わり会社と交渉するのは資格が必要になります。

弁護士や労働組合がそれにあたりますが、退職代行を利用する際にはよく確認してから利用しましょう。

3.有給申請・未払残業代申請

有給申請・未払残業代申請においては会社との交渉が必ず必要になります。

有給申請書を自分で提出することも可能ですが、会社には時季変更権があるため必ずしも受けなければいけないということでは無いのです。

ですので、これらの申請をしたい場合には退職代理が出来る退職代行を利用するようにしましょう。

4.転職サポート

転職をサポートしてくれる退職代行もあります。

退職代行を使用したあとで転職活動をする場合には、リスクも伴います。
特にブラック企業を退職する場合にはなおさら次の会社もブラックだったら、、なんて思いますよね。

ですが、退職代行では仕事を行う上でブラック企業に対しての情報や見る目があるので、転職サポートでブラック企業を紹介されるリスクは限りなく下げられます。

退職代行の失敗は取り返しがつかない【退職代行選び方5つのポイント】

「退職代行で一度失敗したのですが、弁護士に依頼することで無事に退職出来ました。」 こんな感想、見たことありませんか?

コメント自体が間違っているわけでは無いんですが、実際に無事退職出来たから良いものの、これが問題になってしまっていたらどうですか?

  • 退職代行失敗で、懲戒解雇
  • 減給処分
  • 損害賠償請求

もしブラック企業にお勤めなら無いことは無いですよね?可能性がある限り慎重になる必要があります。

失敗したから違うところに再度頼めば良いやでは取り返しがつかなくなるかもしれません。

それを防ぐには、正しく退職代行へ依頼する必要があります。

退職代行の選び方はほとんどの人が間違って認識していますので、次から5つのポイントを使って正しい選び方を解説します。

①失敗=退職出来ないことでは無い

退職代行の失敗ってなんだろうと考えるとほとんどの方が退職できないことをあげますよね。
間違っているわけでは無いですが、それだけが全てではありません。

退職を出来ないことで起こることを考えてみればわかるはずです。

退職失敗で起こること
・会社や取引先に迷惑が掛かる
・会社内での評価が下がる
・上司から嫌がらせを受ける
・同僚から白い目で見られる

少し考えただけでも多く思い浮かびます。

退職代行で失敗したらどうなる?【辛いことしか無い】返金パターンも解説

②費用が高いから大丈夫というわけでは無い

「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」など安いには安い理由があるということは誰でも知っていますよね。
当然、家電製品は高いものの方が、満足する機能が付いている可能性が高いです。

ですが、「シンプル・イズ・ザ・ベスト」という言葉もあるように、何でも高機能だから良いというものでも無いです。
自分に不要な機能は付いて居ないのと同じです。だったら必要機能のみで低価格のものの方が自分にとっては良いのです。

なにが言いたいのかというと、退職代行でも高い(弁護士)からと言って単に退職を伝えてほしいからという理由なら高機能すぎるということです。
もちろん残業代とか慰謝料を請求するのであれば弁護士に依頼する必要性は高いですが、そうで無いのであれば必要ないと言えます。

【後悔する理由はなんとなく?】サービス別に選ぶ必要性を解説【退職代行】

③悪評は多くても少なくてもダメ

ネットショッピングではよく口コミで悪く書かれているものは避けるという人が多いかと思います。(かく言う私も同じ)
ですが、それはものに対してです。

退職代行においてはものでは無く、相手は人になりますから評判で全て決めるというのは危険です。
次で説明する「実績・知名度で判断」でも説明しますが、評判を決めるのは自分と相手の相性によって決まります。

担当者が暴言を吐いた。返信が遅かった。気持ちを理解してもらえない。等全て相性です。
別の担当者ならそんな口コミは無かったことでしょう。

【退職代行】評判の見方、口コミの参考方法を解説

④実績・知名度は過去のこと

実績・知名度で判断するという選び方も間違っています。
それは過去のことに対してです。

あなたは例外かも知れません。全くあなたと同じ状態(人と人なので全く同じはありえないですが)ならば同じように成功すると言えます。
ですが、そうでは無いのが大半ですので、慎重になるべきです。

「退職成功率100%!!」「実績No.1」
こんな実績を堂々とホームページに書いているところが多くありますが、それは過去の話であってあなたの時には失敗する可能性があるのです。

それを書くのなら退職成功件数を書くほうが依頼する側にとっては選ぶ要素になります。

急いで記事を用意しています。少々お待ち下さい。

詳しくは「実績・知名度はあてにならない?判断のポイントは3つ」で解説しています。

⑤登場人物が増えればトラブルも増える

退職代行は人と人の間での問題を解決してくれます。
その間に出てくる登場人物は、自分と退職代行だけでしょうか?

一番の相手を忘れている場合が多くあります。
それは会社です。会社の上司、さらには退職代行から電話を受ける人です。

そのことを忘れてしまうと会社とあなたとの間でトラブルになってしまう可能性があります。
「あなた」「会社」「退職代行」どれかが欠けてしまうと退職代行は成立しないということを覚えておいてください。

急いで記事を用意しています。少々お待ち下さい。

詳しくは「相性は大事、退職代行失敗の責任者はあなた」で解説しています。

退職代行の選び方次第で人生を変える可能性がある

ただなんとなくで退職代行は選びがちですが、よく考えると人生を変えてしまう可能性まであります。

「いますぐにでも退職したい」と気持ちがはやるのは分かりますが、トラブルになってしまっては先には進めません。

焦る気持ちがあればあるほど慎重になって検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。