退職代行が限りなく黒に近いグレーと言われる理由は交渉の仕方が問題?

退職代行がグレーって聞いたからなんか依頼しづらいなぁ

具体的にどのへんがグレーなのか知りたい。

こんな疑問にお答えします。

会社を辞められない人にとっては救世主となる退職代行ですが、最近では違法であるとの意見が強く出ています。
退職代行とのやり取りをした経験がある僕が、いったいどのへんがグレーなのか?調べましたので、参考にしてみて下さい。

グレーなポイント①非弁行為

退職代行業者が黒に限りなく近いグレーと呼ばれる理由は、非弁行為にあります。
この非弁行為が一番黒に近いと言われている原因ですね。

非弁行為って?

 非弁行為とは,弁護士法 72 条が禁止する弁護士でない者が報酬目的で行う法律事務の取扱い行為又は訴訟事件や債務整理事件等の周旋行為を指す。

要は、資格を持たないものが依頼者からお金を貰って、代わりに退職の手続きを行ってはダメということ。
弁護士や労働組合では無い業者の場合は、この権利が無いわけですから、違法の可能性が高いということなんですね。

弁護士や労働組合では無い業者の場合、「◯◯さんが退職をしたいようです。(そう聞きましたよ〜)退職届を送ったそうなので、確認して下さいね〜」と言った伝言を強調した言い方で対応されます。

退職の意思は本人が退職届の中に書けばいいことになりますから、退職の手続き自体は本人が行っているということになるわけです。

グレーなポイント②即日退職

即日退職は難しいです。その理由は引き継ぎ等の業務があるからです。

即日退職可能です!と謳っている退職代行業者がかなり多くありますが、実際は無理やり会社側に通しているような感じが見受けられます。

現実的には、有給休暇を使用することで民法で定められている2週間はクリア出来るので会社側が許可すれば次の日から会社へ行かなくていいということにはなるわけです。

退職出来るのは2週間後?(民法627条1項)

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

この場合、弁護士や労働組合では無い業者は有給休暇の使用交渉が出来ないわけですから、即日退職は不可能ということになります。

有給消化・残業代請求が必要な方は以下の記事も参考にして下さい。

残業代を請求できる退職代行はどこ?おすすめ2選

結論:業者によって黒、グレー、ホワイトに分かれる。

よって、間を取ってグレーと言われているのかと。

間違いないのは弁護士に依頼ですが、費用が高額ですよね。
自分の要求に答えられる退職代行をよく吟味して選びましょう。

\こちらの記事で選び方を解説しています/

【どんな時に失敗するの?】退職代行の選び方を解説【目的を明確にしよう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です