退職代行を使ったらいつから会社に行かなくていいの?【最短で次の日から】

退職代行を使ったらいつから会社に行かなくていいの?

こんな疑問にお答えします。

答えを先に行ってしまうと、最短で次の日から、最長で2週間後です。

労働者の権利として、退職意思を示したときから2週間後に雇用契約を解除することが出来ます。

ルールとしてはこれが適用されますので、最長で2週間後となります。

気になるのは最短ですよね?退職代行を使うと最短で次の日から行かなくて良くなる可能性もあります。

今回は、最短でいつから会社に行かなくて良いのか?について深堀していきます。

退職には2週間後のルールがある

退職には、退職意思の表示から2週間後というルールがあります。

これは、民法で定められているところです。例えば、

上司
上司

ウチの会社が1ヶ月前に申し出るのがルールだからダメ!

と、言っても民法で2週間前と決まっているから会社ルールは適用されないんですね。

会社ルールは、就業規則に書いてありますので、会社で確認してみて下さい。

たまに、ドコにも置いてない会社がありますが基本的に従業員が誰でも閲覧することが出来る場所に置かなければダメなので、無い場合は上司に聞いてみると良いです。

ちなみに、労働基準監督署(労基)に行くとすぐに会社に連絡が入りますので、注意を。

名前は伝えないとは思いますが、結構会社では、誰が労基に行ったのか探りが入ると思います。

自分で退職を申し出るなら2週間後

自分で退職を告げる場合ですと、基本的に会社ルールを適用されます。通常の退職ルールです。

引き継ぎの関係上、1ヶ月後に設定している会社が多いかと思います。

民法のルールでは2週間後に退職となるので、通常の退職では2週間後になりますよね。

そうするとこういった疑問が出るはず。

退職代行って次の日から会社に行かなくて良いんじゃないの?

次から深堀します。

退職代行を使えば即辞め(その日に退職)出来る!?

退職代行を使えば次の日から会社に行かなくても良い?
残念ですが、退職は2週間後です。

残念ですが、即辞めはルールとして出来ないという答えになりますが、例外があります。

それは、会社側が即辞めを認めた場合です。

退職代行ではこの例外を使ってうまく即辞めにすることが多いです。

即辞めするための理由
  • 精神的に参っていて出社出来ない
  • 本人はもう上司に会いたくないと言っている

理由はいくつかあれど、圧倒的に「精神的に参っている」が多いように感じます。

病気にも程度があるので、会社側はツッコミにくく、話が通りやすいのですかね。

まとめ:退職代行を使うと「即辞め」出来る可能性がある

  • 自分で退職しようとすると会社のルールでの退職を求められる(民法では2週間後)
  • 退職代行の場合は、「出社出来ない」ことの連絡をするため、即辞め出来る可能性がある

退職代行を使うと即辞め出来る可能性がありますが、必ず出来るわけでは無いことは覚えておきましょう。

当然会社側にも、業務の引き継ぎが必要になるわけなので出来る限りは会社に協力することをおすすめします。

それでも、マニュアルを作成しておくことで引き継ぎの期間を短縮出来る可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です