退職代行は迷惑?ありえないという意見が的外れな理由を解説

退職代行を使うなんてありえない!

そう思っていませんか

主に会社側からの意見として聞くことが多いですが、理由を聞いてみるとあまりにも的外れなものばかりだったので、退職代行肯定派として、退職代行の存在意義を解説します。

退職代行を利用するか迷っているという方もぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事の内容
  • 退職代行利用はありえないなんてことは無い
  • 退職代行が迷惑になる場合とそうでは無い2パターン
  • 退職代行を使って良い人、ダメな人

退職代行がありえないと言われる理由

退職代行利用があり得ないと言われる理由は大抵がこのパターンです。

  • 急に辞めることによる迷惑
  • 代わりの人が見つかるまでが普通
  • お世話になった会社に礼儀が無い

どれを取っても会社の都合で言っているものしかありません。

そもそも労働法を理解していないものだと言えます。

(労働法をキチンと理解している会社では、退職代行自体があり得ないなんて言いません。不思議には思いますけど、直接言ってくれれば良く無い?と疑問になることはあります。)

次から具体的に解説して行きます。

1.急に辞める

急に人がいなくなれば確かに会社は困ります。ですが、病気になった場合や事故の場合には大事な会議があろうと、商談だろうとその人は出勤は出来ないですよね。

それを盾に退職代行を否定するのはおかしな話だとすぐに分かりますよね。

2.代わりの人が見つかるまでが普通

退職する時には引き継ぎがありますから、代わりの人が見つかるまで退職できないという会社もあるかと思います。

労働基準法では、退職の意思表示から2週間で雇用契約は切れる(有期雇用は例外です)ことになっていますので、そもそも2週間で代わりが見つかるか?というところが疑問です。

代わりが見つかる≒採用するという会社が結構あるので、2週間で募集から採用、引き継ぎまで出来るとは思えません。

退職代行で即日辞めは出来る?引き継ぎは必要?【最短で辞めたいならやるべきこと】

3.お世話になった会社に礼儀が無い

会社は従業員に退職代行を使わないと辞められない状態にしている訳ですから、会社への礼儀だけでなく、従業員への礼儀も考えてほしいものです。

会社は従業員のおかげで利益を上げているわけですから、気遣いも欲しいところですよね。

退職代行が迷惑になる場合とそうでは無い2パターン

退職代行を使えば必ず迷惑にならないわけではありません。

迷惑になるパターンとそうではない2パターンを確認しておきましょう。

  • 引き継ぎを全くしない
  • トラブルを抱えている

この2つに関しては退職が出来ないどころか会社から損害賠償を求められる可能性もあるので気をつけたいところです。

引き継ぎについては、直接会社に行って引き継ぎをする必要もありませんので、日頃から業務マニュアルを作っておくか、メール等で会わなくても出来るようにすれば大丈夫です。

仕事でトラブルを抱えている人が退職代行で即日退職を希望されることもよくあることですが、この場合は損害賠償をされる可能性があるので、トラブルを解決してから退職代行を利用するようにして下さい。

退職代行を使うべき人・使うべきではない人

退職代行は全ての人におすすめなワケではありませんし、退職代行が迷惑になる場合のように損害賠償や問題になってしまうことがあります。

あなたが使うべきかそうではないのか確認してみて下さい。

使うべき人
  • ブラック企業の人
  • ただ退職が言いにくいという人
使うべきではない人
  • 仕事でトラブルを抱えている人
  • 引き継ぎの協力をする気が無い人

退職代行は迷惑では無い、第3者が入るメリット・デメリットをよく考えて利用する

退職代行を利用するメリット・デメリットはコチラです。

メリット
  • 会社(上司)と直接やりとりをしなくて良い
  • 次の日から会社へ行く必要が無くなる
デメリット
  • 細かい要望は伝わならない可能性がある
  • 会社が受け入れない可能性
  • トラブルになり、結果退職できないかもしれない

退職代行を利用することは会社にとって迷惑ではありません。むしろバックレが発生するより事務手続きがはっきりと進むので、ありがたいとまで言われることもあります。

ですが、その第3者が間に入ることにより問題が生じることもまた多いです。

出来るだけ問題のタネは解消しておき、問題となる退職代行業者への依頼も避けることをおすすめします。

退職代行の選び方はコチラの記事をご覧下さい↓

退職代行選びの注意点は1つだけ!交渉が出来るかどうかは必ずチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です