退職代行に罪悪感を感じるのは間違いです!【むしろ会社にもメリットあり】

退職代行を使いたいけれど他人任せな感じでなんか気が引ける、、

こんなお悩みを解決する記事を用意しました。

本当は自分で退職を伝えないといけないんだけれど、、

こんな気持ちで、退職代行の依頼を考えているあなたははっきり言って間違いです。

場合によっては退職代行を使わないと退職できないこともあるので、退職代行に任せるのに罪悪感を抱く必要はまったく無いです。

むしろ退職代行は会社側にも手続きを円滑に進められる等メリットがあり、迷惑なんてことは無いです。

この記事の内容
  • 退職代行に罪悪感は必要ない理由
  • 退職代行の会社側のメリット

退職代行に罪悪感を感じるのは間違いだと言える理由

そもそも退職代行で罪悪感を感じる必要はまったく無いのです。

退職代行に罪悪感を抱く理由を調べてみると、

  • 迷惑を掛け罪悪感がある
  • 非常識だと思う

順番に解説していきます。

罪悪感①迷惑を掛け罪悪感がある

退職代行が迷惑だと思う理由は、即日で辞めようとする場合です。

確かに、引き継ぎをしてもらわないと困るという会社は多いので、迷惑と思うかもしれません。

ですが、そもそも即日退職は会社が認めない限り出来ません。

民法で定められているように、退職の意思表示から2週間後に退職が成立するようになっています。

極力会社の要求には応えるように退職代行に伝えておけば、会社に迷惑が掛かることもないですので、罪悪感を感じる必要もないですよね。

罪悪感②非常識だと思う

非常識だと思うのは、少し昔の話ですかね。

確かに退職代行って何?って人からは、受け入れられないという気持ちもわかるような気がしますが、今では退職代行も有名になり、「ブラック企業」や「働き方改革」なんて言葉が生まれてからは、市民権を得ているんじゃないかと思います。

むしろ退職代行を理解できない方が非常識かなと思います。

退職代行は非常識!?辞めさせない会社が間違っている理由を解説

退職代行を使われた会社にもメリットがある

退職代行を使われた会社側にもメリットはあります。

  • 退職手続きが円滑に進む
  • 会社からの要求がしっかりと伝わる
  • 連絡が取りやすい

退職手続きを取るときに、意外と連絡が取れなくなる人や必要な書類(退職届等)を提出してもらえない人が多くいます。

退職代行では、連絡を取り次いでくれるのでそのような心配は無く、円滑に退職処理を進めることが出来ますよね。

退職代行が間に入ることで、従業員からの連絡もしやすいし会社からの連絡もしやすいということで、かなりのメリットです。

会社に協力するのであれば退職代行は罪悪感を感じる必要は無い

引き継ぎや必要書類等会社の要求に出来る限り応えるということであれば、退職代行はまったく迷惑では無く罪悪感を感じる必要はありません。

むしろ会社にとっても従業員にとってもメリットだらけです。

企業提携の退職代行とかあれば良いんじゃ無いかと思うくらいです。

【メリット全部乗せ】退職代行モームリがおすすめな理由を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。