仕事への気持ちが切れたら退職?他にやりたいことがない時の選択肢

仕事への気持ちが切れてしまったら退職すべきなのでしょうか?他にやりたい仕事もないし、今の会社に残るべきでしょうか?

こんな疑問にお答えします。

今の仕事に情熱を持っていたのに、突然糸が切れるかのように気持ちが切れる時ってありますよね。

その時が退職のタイミングなのかは、原因を探してみる必要があります。

この記事では、そんな気持ちが切れた時の選択肢を詳しく解説していきますので是非参考にしてみて下さい。

仕事への気持ちが切れた時が退職のタイミングなのか?

実際には、誰しも気持ちが切れてしまう時は必ずあります。

筆者ももちろんありましたし、他に興味が湧いたり、なにか原因があって悩んでしまったりと、必ず理由があるので一度考えてみると良いです。

1.仕事に飽きた時

この仕事もういいかな?って時には、気持ちが切れる時があります。

2〜3年くらいで、仕事の全体がわかるくらいなので、そう思う人が多い印象です。

そのあと昇進したり、配置換えがあったりとすることがあるので、すぐに退職を考える前に会社に相談してみるというのも良いかもしれませんね。

2.評価への不満

会社の自分への評価はかなり気になるところです。

意外と自分では意識していないところもあるのですが、筆者も気づけば、自分より下に見ている同期や後輩より給料が低いと思っている時があったりしますね。

年功序列で給料が上がっていく時代ではないので、交渉なんかしてみるというのも大切になってくるのかなと思います。

3.人間関係

ふと仕事よりも人間関係がうまくいっていないことが気になってしまうということから、気持ちが切れてしまうことがありますね。

周りの雑念を取り除くことで再度仕事に対しての情熱を取り戻せるかもしれません。

仕事をやめる理由で必ず、3位以内に入ってくるのが人間関係なので、慎重に対応する必要があります。

4.精神的問題

仕事だけでなく生活面でも精神的に追い込まれている場合には、仕事どころではなくなってしまいます。

仕事よりも優先的に精神的な問題は解決すべきでしょう。

その際には、一人で抱え込まずに家族や周りの人に相談をしてみることをおすすめします。

5.他にやりたいことがある

他に興味が湧いたなら挑戦するのも良いですね。

それでダメでもまた戻れば良いですし、ぜひ挑戦してみると良いです。

でも、他にやりたいことがない場合は?

やりたいことなんて無い場合はどうすれば?

こんな時もありますよね。でも大丈夫、選択肢はあります。

そのまま残るということも良いですし、部署移動を希望するのも良いですね。

ただ、どんな選択肢にもメリットデメリットがあるので、決める前によく確認しておきましょう。

1.今の仕事を続ける

もちろん今の仕事をそのまま続けるのも良いでしょう。筆者もこんな状態かも

平凡なサラリーマンのイメージですね。やるべきことはやって定時で帰るみたいな、、

慣れた仕事で、自分で作業スピード等調節出来るが良いところですが、自分の成長には繋がらないのはデメリットですね。

会社にとっても、人材は大切ですがやる気のある社員の方が嬉しいですよね。

仕事をそのまま続けながら副業や興味のある仕事を探すというのも手です。

2.部署異動で気持ちを切り替える

部署移動は気持ちの転換を図る上で、良い選択肢になります。

慣れ親しんだ会社で続けられるというのは良いことですし、自分の成長を考えるとベストな選択かもしれません。

実際に、上司に仕事の悩みを相談すると部署移動を進められることも多いような気がします。

3.転職エージェントに相談してみる

転職をする前提の話になりそうですが、仕事の悩みを聞いてくれる転職エージェントもあります。

転職をしょうか悩んでいるという方ならぜひ一度相談してみるのも良いかもしれませんね。

仕事、転職のプロなので、自分が知らなかった適正から転職先を探してくれることもあるかもしれません。

転職活動がめんどくさい!楽に転職をするには転職エージェントを活用しよう

上がり下がりは有る、自分が動かずとも周りが変わる可能性も

あまり重く考えなくても、周りの環境が変わるということもよく有ることです。

すぐに行動に移すことも大事なことですが、敵策ではない可能性もありので、まずは自分の中でしっかりと気持ちを整理することが大切です。

加えて、家族に相談、友人に、上司に場合によっては転職エージェントへ相談するのも良いかもしれません。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。