【裏ワザ!?】仕事を辞めたいけどお金が無い!求職中でも収入を得る方法

  • 次の仕事が決まるまでの無収入期間が心配
  • 仕事を辞めた後に必要になるお金はどんなものがあるの?
  • 無職(求職中)でも収入を得る方法はある?

こんなお悩みにお答えします。

社会保障がしっかりしている日本だからこそ受け取れる給付金があるので、利用しない手はないですよね。

そのために、働いている時には高い社会保険料を支払っているんですから

是非参考にしてみて下さいね。

仕事を辞めた後に必要になるお金ってどんなものがある?

  • 家賃
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 通信代
  • 健康保険料
  • 住民税

この6つは、生活には欠かせないものになりますので必ず掛かってくる費用と考えて良いです。

たま〜に、病院に掛からないからと健康保険に加入しないという方がいますが、国民皆保険で必ず加入しなくてはいけないものになりますので、加入をしなくても後からその期間分の保険料を請求されるので注意です。

また、無収入なら住民税も非課税になりますが、前年の収入に応じて住民税が決まるので、退職後1年間は住民税の金額はほとんど変わらないことがほとんどなのでこちらも注意が必要です。

半年は暮らせる貯金を作っておくと良い

どんなに転職を急いでも1〜2ヶ月は給料日まで間が空いてしまうことが考えられます。

心にゆとりを持つためにも半年分は手元に用意しておくと安心です。

月給20万円で働いていた場合には、少なくとも120万円です。そんなに貯めるのは大変という場合でも、ボーナスを含め1年程掛ければ近づける金額ではないでしょうか。

手元にお金があるのとないのでは、良い転職先を探す時にも与える影響が変わってくるでしょう。

求職中でも収入を得る方法4選

ここからは、仕事を辞めた後に求職中でも収入を得る方法をご紹介します。

主に、会社で社会保険に加入していた方に向けたものになりますので、確認してみて下さい。

1.社会保険給付

退職後で求職中でも受け取れる給付金として、社会保険給付金があります。

失業給付金や傷病手当金等がそれに当てはまりますが、退職後にも受け取れる給付金があります。

なんだか少し怪しい?と思われがちですが、働いている時に支払っていた社会保険料から賄われているので、タダでお金をもらうというよりは自分の支払ったお金が困った時に返ってきたと言ったイメージをしてもらうと良いです。

もちろん条件などもありますので、詳しくは本当は受けとれるハズの給付金申請をサポート【退職コンシェルジュ】の記事をご覧ください。

2.教育訓練給付金

1年以上の雇用保険加入歴があることが条件で資格取得の支援が受けられます。

最大で200万円程の補助金が受けられる場合もあるので、受け取らないとかなり損ですね。

詳しくは、厚生労働省HPを確認してみて下さい。

3.求職活動支援金

求職活動における費用を一部負担してくれる支援金も利用しましょう。

遠方への交通費や宿泊費用、資格取得費用の支援がありますので、お金が無いという方にはありがたい制度です。

4.就職促進給付

就職後にもらえる給付金もあります。

それが就職促進給付金になります。再就職をしても最初の給与までは1ヶ月〜2ヶ月程度掛かるので、その間に給付金がもらえるとありがたいですよね。

でも、仕事を辞めるのにお金は必要は無い

さまざまな給付金を使えば、無収入の中でも収入を得ることは可能です。

せっかく支払ってきた社会保険料なので、ぜひ利用していただきたいと思います。

受給には、条件・制限等あり思うような金額を受け取れない方もいると思います。

そのために、辞めるまでに半年は生活ができるお金を手元に準備しておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です